読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるネギのブログ

競馬のことを知ったかぶった素人が好き勝手見解を述べるだけのくそブログ

ばんえい記念 回顧

とりあえず ばんえい記念のレース回顧をするけど、この ばんえい記念 という呼び方は一般ファンには浸透しているものの、関係者では未だ大臣賞 の呼び名で通ってる。

凄くどうでもいいことだけど。

とりあえず

勝ち馬 オレノココロ

素直におめでとうございます。

率直な感想、単勝2.5倍はちと売れすぎてたんじゃないのかなと。

いや、事実1着だったので売れすぎもクソもないんだけども。

ココロはまさに障害だけって感じのレースしてたね

恵介乗せてしっかり1トンを上げきって、直線は横綱相撲で差し切り。

近年は水分の多い馬場で行われていたばんえい記念だけに、このパフォーマンスを見せられるともうお手上げ。

重量レースではしばらくこの馬の天下が続くんだろうな

フジダイ

砂の重い1枠から果敢に先行して悔いのないレースしてたと思う。

今回は相手が悪かったね。

ただ、松田さんは最近障害下手くそになってないか?

元々、ムラのある騎手なのは間違いないけどさ。

タカラコマ

うん、よく頑張ってたけど重量レースではワンパンチ足りないよね

コウシュハウンカイ

昨年は転厩してからまともな稽古も詰めないで出走した同レースで3着。

今年は最高のローテと最高の仕上げで臨んだが案外。

まさに馬場が1番の敵だったって感じ。

ウンカイの子供はこういう馬場ダメ。

キタノタイショウ

お疲れ様。

カイシンゲキ

よく障害あげたと思う。

出来れば勝って欲しかった

浅田とともにね

浅田が辞めればまた地元の騎手しか居なくなるね、少し寂しい

フクドリ

よく頑張りました。

あと何頭かいたけどここまで

来週も開催あるんだね

来週は馬券的にもかなり仕込みがあるはずだから注意したいな

あとは来週の佐賀は熱いはず。

金沢も始まったしいよいよ春の訪れだね

馬場重すぎ。

やるレースもなかったので先日掲載した帯広1レースからスタートした

結果的に工藤が勝ったわけ。

んーなんというか、そりゃそうだろ感しかない。


戦績見なくても騎手配置だけで4倍をGETできるボーナスレースでありました。

こんなレースも滅多にないけどね。





そしてメイン 

ディープは辛勝だった。
9割型勝つだろう と踏んでたけどやっぱりまだまだ腰が甘かった。
天井が見えて来てる


驚かされたのはゴウカイのレースぶり
先に降りてゴール前まで粘り込んだ。
脚色見ればわかるけど出世しそうなのはゴウカイの方
ディープはまだ体増やさないと来年から対応できなくなるよ
そもそも草で太らせないと身になるわけもなく、上辺だけの数字だけ増やしても意味がないって話

あとプレザントウェーだっけ?
あれ強いね。

それだけ

18日帯広

ばんえい競馬もいよいよクライマックス。

大臣賞が終わった後にまた開催があるのは違和感があるがとりあえずまだ後2週間あるとポジティブに捉えて楽しいんで行きたい。

とりあえず明日18日の1レースとメインだけ
1R
某馬主が躍動しそうな番組である
それも内中外とバランスよく散ったもんだ。
篤がヒカルカゲに乗らずにセンショウに乗るらしい。

???

まあ最近よく見かけるパターンよね。
田上に恵介はあまり見ない組み合わせ

センショウとヒカルカゲは人気もするだろう何らかの動きはあるんだろうな。

謙一はまだブラックに乗るんだ。
これ絶対仕込んでるよね。
サイアーラインに力強さがまるでないから成長はしなさそう

前走発射の河さんもいるし
事前予想なんて何も意味もなさないよねこれ


きっとある馬主さんも頭を抱えてるんじゃないのこれ。
そもそも河さんとソリ合わないらしいし。

二大勢力がぶつかり合うならどういう組み合わせで売れるんだろう

そんな感じ。


メイン の サッポロビール

最初に目につくのは
ゴウカイとディープの再戦

ダービーでは完敗したディープだけどあそこからの成長は大したもんで、確実にあの頃とは何段階もパワーアップしてる。
現に終いが甘い点が解消されてきて差す競馬も対応できてきてる。
ゴウカイは休養入れて筋肉できてないでしょ。
順調に来てたとしても成長力は群を抜いてディープに軍配があるはず。
そもそもあのダービーの時は飼葉食わなくて不調だったみたいだし

4歳オープンということでこの2頭以外にも色々出走してるがまずディープでしょ。
副賞も旨いし。

あとはお決まりの河さんバーストに気をつければええんじゃないの。
馬場は少し締まって欲しいね。


ひまなので

八○長と言ってしまうと、関係者を抱え込み危ない組織と裏で協力して

'人気している特定の馬をわざと負けさせて、人気していない別の馬の馬券を買い込む'

というイメージがある。 多分これは一般の競馬ファンにも同じことが言えると思う。


しかし、そもそも八百長とは。

八百長(やおちょう)とは、相撲や各種の競技などで、一方が前もって負ける約束をしておいて、うわべだけの勝負をすること[1]。 (wikipedia引用)


とあり、故障明けの馬がリハビリ代わりに後方で回ってくるだけ のレースをした場合にも 厳密に言えばそれ八百長なのかもしれない。

競馬法には、全能力を発揮させなかった騎手には制裁アルヨ〜的な条文があった様な気がする。ならば故障明けの馬を初戦から鞭入れて全力で走らせるかというとやはりそれも現実的ではない。競馬法的にアウトだけど、そこら辺は暗黙の了解となっているんだろうけど。(ここ大事)


ならば、休み明けの馬が最後方でリハビリの為に最後方を回ってきて人気を裏切るのは100歩譲って良しとしよう。

しかし、休み明けでもなく順調に使えてた人気馬が急に最後方で鞭も入れずに回ってくるだけの競馬をして、更にその人気馬を外した馬券が買込まれていたら流石にファンも怒り心頭であろう。

人気馬が負ける事に対してネットや現地で

八百長だ‼︎」と騒ぐ輩はいるが、負けた人気馬を外した馬券がたくさん買込まれていると少し話は違ってくるわけだ。


確かに八百長”かも”しれない。

この馬が負けると知っていて他の馬を買い込んだ人物が存在するのかもしれない。


犯罪だ‼︎八百長が行われているのは明白だろ‼︎馬券を買った関係者とこの騎手を逮捕しろよ‼︎


とお考えの方も当然いらっしゃると思いますし僕もその1人でした。


しかし 一概には違法行為とは言えないのです。

自分で色々資料を見て、確認していく中でこれは限りなくブラックに近いグレーな行為だと言う事に気がつきました。


分かりやすく説明する為に馬主視点になって少し考えてみます。

自分の持ち馬の中にこういう馬がいたと仮定して考えていきましょう。


《今まで好走を続けてきた愛馬が足元の様子が悪い様です。しかし出走手当の獲得や放牧や治療削減の為に休養に入れることができず、仕方なくレースに出走させる事になりました。》


この愛馬、恐らくレースでは1番人気になりますが、足元の様子が悪いので無理はさせずに後方から回ってくるレースをする様に調教師に指示を出し騎手にも伝えてもらいます。 


この段階でこの人気馬が負けると知っているのは 


馬主   調教師   騎手


の3人。



競馬に携わる3人ですが馬主は他の2人と決定的に違う点があります。


それは



唯一      馬券の購入が認められている  のです。


ええ、そうなんです。

馬主が馬券を買う事は許可されているんです。


私がこの馬主の立場なら恐らく愛馬を除いた馬の馬券をたくさん買い込みます。

だって人気をする愛馬が負けるのを知っているから。


ここまでの流れで違法行為に当たる行為はありません。(厳密に言えばあるのですが暗黙の了解となってます)


もちろん足元に怪我がなかったりしたのが公になって指示をしたのがバレてしまうとそれなりの処分は免れないでしょうが

馬の様子なんて確認のしようがないんですよ。

調教師が馬の調子が悪かったと言えば追求されることはまずありません。

そんな世界なのです。


ブログはじめました。

地方競馬に渦巻く八○長について

たまにぽろっと書きます。


更新頻度は不定期で気分なので更新には期待しないでください。

主に 十勝ば○えい、好○です!笠松競馬、金沢競○、後はちょこっとグリーンドリームについて書きます


どうしても後出し記事が多くなると思うけど、最初のうちは頑張って書きます

帯広に関しては熱い記事書けるんじゃないかと思ってます